中村亮太の処分について思う

 1年以上もほったらかしにしていた当ブログ。「さすがにこの処分はさすがにヒドいだろう」と感じ、いてもたってもいられずにログインした。
 ボートレーサー・中村亮太に対する2年間の出場停止処分である。

 中村は2月3日の大村ボートレース場内で行われた「第40回笹川賞競走」のファン投票イベントにお手伝いとして参加。イベント中に、専用マークシートの自分(中村)の欄にマークしてから、お客さんに配布するという行為があり、一部ファンからは同レース場へ苦情が寄せられたほか、インターネットにも批判文書が載った。
 事態を重く見た日本モーターボート競走会は、2月25日の褒賞懲戒審議会において、業界の品位を汚し、競走の信用を失墜させたとして、2月26日から12カ月の出場停止処分を下した。また、これとは別に日本モーターボート選手会も、中村に対し12カ月間の自粛欠場勧告を行った。2月14日からF休み中だった中村は、2年間の出場停止処分と未消化のF休みが78日あり、復帰は早くても15年5月15日以降となる。
(デイリースポーツオンラインより引用)

 「A1レーサー2年出場停止」の見出しに、八百長がらみか!?と鼓動が早くなったが、記事を読んで気が抜けた。こんなの八百長でも不正でも何でもないだろう。
 で、気が抜けた後、怒りが込みあげてきた。なぜ、この程度の事件で2年間も出場停止にしなくてはいけないのか。

 中村から投票用紙を手渡された大村のファンは、本人の欄にマークがあるのを見て、「不正に票数を取ろうとしている」と真剣に怒ったのだろうか?
 もちろん感覚は人それぞれ。なかには腹を立てた人がいて、そして実際に批判が寄せられた。ただ、地元選手が「笹川賞ファン投票イベント」に駆り出されて、手伝いをしているのだ。それくらいは、お茶目なジョークだろう。中村に投票したくないのであれば、もらった用紙を破棄して、新しい用紙に記入すればいいのだから。

 競争会は「業界の品位を汚し、競走の信用を失墜させた」と断罪している。
 しかし中村は不正に組織票をまとめて笹川賞に出場しようとしたわけではない。ファンサービスの度がほんの少し過ぎただけだ。
 中村が謝罪すれば済む問題であり、それでも収まらないのなら笹川賞を辞退すれば済む話だろう。これは笹川賞ファン投票に対する不正であり、他の競走は関係ないのだから。
 2年間出場停止は、いくら何でも重すぎる。万が一、ほかにも疑惑があっての処分だというのなら、そちらをあきらかにすべきだ。

 笹川賞の2月6日時点での中村のファン投票数は907票で58位(ここに2月3日の大村での票が加算されているかどうかは不明だが)。よしんば、「中村には投票したくなかったが、本人にマークされた用紙を手渡されたので、しぶしぶ投票した」という人がいたとしても、いったい何票が加算されたというのか?
 中村の年収は約3500万円。2年間無収入になるので、1票あたりのコストは7万7177円。たぶん、昔の千葉●区や、徳●島選挙区よりも、1票の金額は高いよ。

  李下に冠を正さずという言葉がある。ギャンブルの胴元は、世間から見て厳しすぎるくらいでちょうどいいのかもしれない。しかし、中村の行為をこのような大問題にしてしまうと、今後は選手とファンがつながるイベントが打てなくなっていく。

  言葉を奪われたレーサーと、言葉を伝えられないファン。言葉を失った競技の行き先が心配である。

  一ボートレースファンとして、中村の処分の減免を願う。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お年玉レース

 ボートレースの複勝売り上げは、1レースあたり数千円、ときに無投票や特払戻しも発生するという誰も見向きしない券種である。
 しかし、1月1日の芦屋1Rでは複勝が売れに売れた。理由は「1割キャッシュバック」。どんな券種を買っても、お年玉として1割が戻ってくるキャンペーンが行なわれていたのだ。

 しかもメンバー構成は、1号艇に瓜生正義が入り、2~6号艇がB級選手というもの。競馬に例えるならば、6頭立てでオルフェーヴルと未勝利馬が戦うような番組である。たとえ配当が100円戻しになっても、「1割キャッシュバック」で賭けた金額の1割は儲かる。このキャンペーン狙いで、瓜生の複勝に人気が集った。

結果的に投票金額は、

1484万円!!!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16581830

 ギャンブルに絶対はある、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoy11月号発売!

ひさしぶりに書く雑誌告知。

今月の「姫園十萬勝負」は9月の多摩川優勝戦。

いろいろと大変なことになっております……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoy3月号発売中!

 ボートボーイ3月号は本日発売。毎月自腹で10万円勝負してきた「姫園十萬勝負」は、今回が最終回。大団円を迎えるのか、はたまたイマイチ締まらない終わり方になっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoy3月号発売中!

 ボートボーイ3月号は本日発売。毎月自腹で10万円勝負してきた「姫園十萬勝負」は、今回が最終回。大団円を迎えるのか、はたまたイマイチ締まらない終わり方になっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

缶詰

2日間ほど、自宅で原稿。
3週間禁煙していたのにタバコを吸い始めてしまう。

で、原稿の合い間に徳山の舟券をネットで購入。前検と初日の見立てが完全に間違っていたようで今節はボロボロ。すでに10本溶かし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoy(ボートボーイ)11年2月号発売!

 今月のボートボーイは賞金王決定戦回顧と、新鋭王座決定戦の特集。もちろん、私が自腹で10万賭ける「姫園十萬勝負」も連載しております(今月は締め切りの都合で賭けていないけど……)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末五種競技・必携の書

 気がつくと12月。今年は日程が悪くて、年末進行分の締め切りが例年よりも早い。1月13日に発売する雑誌の締め切りが、今日だったりするんだから。「働け、印刷所!」と、誰に聞こえるわけでもなく毒づきながら、パソコンの前に向かっています。

 でも、この年末進行が終われば、薔薇色のギャンブルロードが待っている。

12月23日 競艇・賞金王決定戦
12月27日 中央競馬・有馬記念
12月29日 地方競馬・東京大賞典
12月30日 競輪・KEIRINグランプリ
12月31日 オート・スーパースターフェスタ

 昨年同様、今年も五種競技をすべて現地で打つ予定です。

 で、五種競技の第一種目である賞金王決定戦の大特集を組んでいるのが、「BOATBoy(ボートボーイ)1月号」。いつものごとく、私も原稿を書いております。年末を灰色にしないためにも、ぜひ手に取ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOATBoy(ボートボーイ)10月号発売中!

 連載もろもろ担当しております。
 今月のみどころは、「尼崎全日本選手権」展望特集!

 ひさしぶりに元地元(姫園は尼崎の近所出身)で行なわれるSG。
 しかも優勝戦は私の誕生日。誕生日プレゼントを自分でゲットするために、行きますよ、尼崎へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月のお仕事(競艇)

『BOATBoy9月号』

連載もろもろを担当しておりやす。
個人的には、数ヶ月前にはじまった松永良一さん(平和島の実況アナウンサー)のコラムがむちゃくちゃ面白いんですよね。全部で1000文字くらいのコラムなんだけど、その中に「これでもかっ!」というくらい笑いを詰め込んでくる。さすが、元大川興業!

『ビギナーズボートCLUB』

多摩川のお盆シリーズで崎利仁の大穴が的中。でも、3連単で総流しをかけたつもりが、2連単を買ってやがんの……。8月はわりと好調だったので、9月もよろしく。

http://www.boatclub.jp/

 

『無料・競馬競輪競艇』

あまり告知はしておりませんでしたが、ネットドリーマーズ(ネット競馬の主宰者ね)携帯無料サイトでもG1レースのコラムを担当しております。無料でサクサク動いて、しかも3公営競技の諸情報を仕入れることができるので、よかったら登録しておいてくださいな。

http://www.netkeiba.com/info/gamble/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧