今日発売のヤングマガジン

ヤングマガジンに「パチンコ巨人の星」の記事を書いております。

ギミック盛りだくさんで、出玉感も抜群。いい感じの仕様の台です。

それにしても、タイガーマスク、巨人の星、梶原一騎コンテンツって強いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雀ピューター屋

歌舞伎町をブラブラと散歩していたら、某ウナギ屋の前で雀ピューター屋の看板を発見。

「絶滅したと思ったのに、細々と生き残っていたんだ」

まるで、ニホンオオカミやクニマスを発見したかのごとく感動してしまった。

雀ピューター屋とは、ゲームセンターにあるような麻雀ゲームにお金を賭けるギャンブル。もちろん非合法である。ポーカーゲーム屋だと1万円など鼻紙同然で瞬殺されてしまうが、雀ピューターだと一勝負に2分くらいかかるし、ドリンク、タバコ、メシは無料なので、たらたらと遊ぶことができる。私は東京に行くたび雀ピューター屋に足を運んでいた。

で、なぜ雀ピューター屋が絶滅の危機に瀕したかというと、ある事件が起こったからだ。
2001年、44名の死者を出した歌舞伎町火災事件が発生する。その火元が「一休」という雀ピューター屋だった。この火災をキッカケに、ゲーム賭博屋に対する当局の取り締まりが激化。とりわけ大惨事のキッカケとなった雀ピューター屋に対する風当たりはキツく、次々と潰されたり、自主廃業に追い込まれていく。さらに04年の歌舞伎町浄化作戦が追い討ちをかける。客単価の高いポーカー屋は当局の目を逃れながら営業するメリットがあったが、客単価の低い雀ピューター屋を営業するメリットは少ない。こうして雀ピューター屋は絶滅したといわれていた。

しかし、雀ピューター屋は生きていたのである。歌舞伎町の陰日向で。
嬉しくなった私は、来店しようと看板に記されていた電話番号をコールする。

「すいません。一見の方は断っているんですよ」

生きていることがわかったのに、見ることができないとは――。誰か行ったことがある人、紹介してくれませんか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スポーツベット

朝から晩までビールを飲みながら、箱根駅伝、高校サッカー、大学ラグビーを見て過ごす。

面白い。

賭けなくても面白いのだから、賭けたらもっと面白いのに。カジノ法案と同時に、スポーツベット法案も審議してくれないもんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博春(ばくしゅん)

 なんて単語はないのだろうが、今週末はにわかにギャンブラーが活気づいてくる時期である。

 まずは中央競馬。3歳牡牝最大のステップレース、チューリップ賞と弥生賞が今週開催される。
 チューリップ賞は1番人気のアパパネが、3走連続で大外枠に入ることとなった。べつに外枠がダメというタイプではないが、阪神千六の外枠不利は競馬場が改装されてもたいして変わっていない。桜花賞の出走権を持っていて、ここでムリをする必要もないので、案外コロリと負ける場面もありそう。TAROも阪神1600mの大外枠は鬼門だと言っていたし。馬券はヴィクトリーマーチから入るつもり。
 弥生賞にはヴィクトワールピサが登場。コッチは堅いと思うのだが……。雨が残ったらミッションモードも面白そう。血統的には力がいる馬場の方がむくだろうし、馬主はドバイをいわして勢いに乗る山本英俊氏。トーセンアレスも雨ならば。

 つぎに競輪。日本選手権の準決勝である。私の予想は携帯サイトの無料競馬競輪競艇に書いておりますので、コチラを参照してください。予想は別だが、個人的には村上義弘を応援している。市田と村上博が決勝戦に残れば、GR賞のように市田がふたたび機関車を買って出るかも。

 そして競艇。こちらは女子王座決定戦の準優勝戦が行なわれている。同じく予想は無料競馬競輪競艇に載っているので、興味があれば。また、明日土曜日からは下関に飛び、現地取材を行う予定。取材の内容はニフティ競艇にアップするので、こちらも読んでいただければ。

 とりあえず、新宿で新しい家を見つけたので、そこへの引越し代くらいはこの週末で稼ぎたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁ……

バカラやりたい。

といっても、新宿の闇カジノのミニマムでめくれるほどのカネは今ない。

HISのホームページを見たら、来週と再来週は韓国往復が9400円!
福島競馬場への片道運賃で韓国に行けるとは。

行こっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいい妄想

 新宿でパチンコを打っていた。
 場所がらもあってか、自分の横にはメイクをバッチリ決めたおっさん――どうやってもニューハーフとは呼べないオカマが座っていた。
 おそらく二丁目に出勤する前なのだろう。さすが人種の坩堝、新宿である。

 過去には「懐かしい日本のパチンコ台(東邦出版)」にも寄稿したように、私は1年に360日くらいパチンコを打っていた。でも、ここ数年は月に数回打つ程度になっている。ぶっちゃけ、あの過剰演出がウザくなったのである。当たるなら当たる、ハズレるならハズレる。どうせ玉をチャッカーに入れた瞬間に大当たり判定は終わっているんだから、ポーカーゲームの潔さを見習えよ、と腹が立ってくるのだ。

 5000円ほど投資したところで幸いにも大当たり。
 玉が出てきたのだが、下皿から玉を出すのを忘れていたら、パチンコ台がしゃべり出した。

「タマを抜いてください。タマを抜いてください。タマを抜いてください」

 玉を抜くまで、この無機質なアナウンスは延々と流れる。

「タマを抜いてください。タマを抜いてください。タマを抜いてください」

 ふと、妄想が過ぎる。

「ひょっとして隣のオカマ、このアナウンスを聞いて、別のタマ抜きを想像したりするんじゃないだろうか」

 世の中には、タマを抜こうかどうか迷ってるオカマがたくさんいるという。
 なかには、パチンコ台のアナウンスに触発されて、タマを抜いたオカマも一人や二人はいるんじゃなかろうか……。

 ……いないな。

以上。どうでもいい妄想でした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宝島4月号発売!

 「開運力」という特集で、〝雀鬼〟桜井章一氏のインタビュー&構成を担当しております。桜井氏の話は、とても哲学的で難解。ただ、実在する運の存在を本当に感じてきたということが、話の端々から感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末5種競技

 年末5種競技とは、中央競馬・地方競馬・競艇・競輪・オートレースの年末に開催されるレースを指した言葉である。

競艇 賞金王決定戦(12月23日)
中央競馬 有馬記念 (12月28日)
地方競馬 東京大賞典(12月29日)
競輪  競輪グランプリ(12月30日)
オート スーパースターF(12月31日)

 以前はスーパースターFの日程が有馬記念や賞金王決定戦とカブることが多かったのでフル参戦は難しかった。しかし今年からスーパースターフェスタが大晦日に移動したことになり、五種競技すべてをライブ観戦することが可能になったのである。

 陸上界では十種競技の勝者が「キングオブアスリート」と称えられる。当然、公営ギャンブル界では五種競技を制した者だけが「キングオブギャンブラー」の資格を得ることができる。

 五種競技すべての原稿を書いている私は、当然すべて現地に行こうと思っている。いや、行かねばならないだろう。いやいや、「ねばならぬ」ではなく、仕事をほったらかしにしても行きたいのだ(笑)。

 戦果の発表は1月1日。はたしてギャンブルライター姫園は、キングオブギャンブラーになれるのか。嫌ギャンブル派から見たら、五種競技すべてに参加するという時点で、スレイブオブギャンブラーなのだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料・競馬競輪競艇

netkeiba.com などを運営している競馬ファンにおなじみの㈱ネットドリーマーズが、10月20日より新しい携帯サイト(NTTドコモ公式サイト)を立ち上げています。無料で競馬・競輪・競艇の情報が取得できるサイトで、その名も、

無料・競馬競輪競艇

 そのままやん! という突っ込みはおいといて(笑)、コレ、なかなか優れモノです。競馬の全レースの出走表・オッズ・結果が無料で見られるだけでなく、競輪・競艇の出走表もこのサイトから一発で見られます。全公営競技を網羅した携帯公式サイトははじめてなんだとか。

 ちなみに私は、競艇と競輪のコラムを担当しています。現在はドコモでしか利用できませんが、近いうちにauやソフトバンクなどのキャリアにも展開する予定だとか。

 ドコモユーザーの方は、ぜひ登録してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝島 発売!

 25日発売の『宝島』で、「ああ、オレたちのギャンブルめし」というルポ原稿を書いています。

 ダイエット中の身ながら、泣く泣く(笑)、関東圏のギャンブル場の美味いメシを食い漁ってきました。オススメのメシは多摩川の……と、川崎の○○汁。興味のある方は読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧