« 2012年1月 | トップページ

芝浜

 1年以上もブログを放ったらかしにして何をしていたのか。ひたすら打ち続けていたのである。で、金が溶けると、入金があるまで落語を聴いていて過ごした。有り金全部負けて帰ってきたときに、上手い「芝浜」なんて聴いたら、本当に涙が出てくるよ。

(出囃子)

 今は昔、淀という物書きがおりました。住まいは新宿歌舞伎町。腕のいいブン屋ではありましたが、毎月の家賃の払いもままならない。たいそう博打が好きで、稼ぎはみんな博打に消えていってしまうのです。

「ねぇ、おまえさん。起きとくれよ! 新橋のJRA図書室に調べ物に行くんだろ!」
「朝っぱらから大声出すなよ。いい気持ちで寝てたってえのに」
「あそこの図書室は昼休みがあるから、朝イチに行かなきゃ困るっていったのは、おまえさんじゃないか」
「さっきまで地下でカードを絞ってたんだから、もう少し寝かしてくれよ」
「もう! 大晦日も近いのに仕事もしないで。どうやって借金を返すんだい!」
「無けりゃ返さなきゃいいだよ。元金貸しがいうんだから間違いねえよ」
「そんなわけにもいかないだろう。さぁ、早く早く、起きとくれ!」

 女房に布団を引っぺがされた淀。しぶしぶ都営地下鉄に乗って内幸町で下車します。図書室のあるビルに到着したものの、まだ開門していない。どうやら、何らかの事情で午後開館になった模様です。
「なんだ、開いてないじゃねえか。ここで開くのを待つのも何だし……」
 図書室が入っているビルには、ウインズ新橋が入っている。この日は平日だが、ちょうど船橋競馬の場外発売をやっている。馬券を買う金はないが、レースでも見ようかとウインズの門をくぐります。
 館内をブラブラしていると、ゴミ箱の横に落ちている1枚の馬券が目に入る。何気なく拾うと、「有馬記念3連単⑬⑥⑨170000円」とプリントされている。
「太い勝負をしてるヤツがいたもんだな。でも、惜しかったなぁ。1着は⑬のゴールドシップ。これは合ってたんだな。2着の⑥オーシャンブルーも合っている。これがなかなか拾えないんだよな。でも3着が……⑨ルーラーシップぅ!? おい、当たってるよ!」

「オレだ。早くあけてくれ」
「おまえさんかい。随分と早いじゃないか。ちょっと待って。今あけるから・・・」
 オートロックを開けて、淀を見て。
「どうしたんだい……真っ青じゃないか。喧嘩でもしたのかい」
「そんなんじゃねえんだ。新橋で馬券を拾ったんだ。で、それが当たってるんだよ。見てみろ、ほれ」
 二人してパソコンで有馬記念の結果を確認。たしかに3連単⑬⑥⑨24250円とある。
「17万円に242倍をかけたらいくらになるんだい? え~、あ~、頭が回らない」
「ざっと4200万円だ。今日は平日払い戻しをやってないが、明日には戻せる。これでしばらく遊んで暮らしていけらぁ。とりあえず、明日は大井の東京大賞典だろ、明後日は競輪グランプリ、大晦日は川口でオートをやって、そのまま成田からマカオだよ! とりあえず今日は、今から游玄亭行くぞ!」

 次の朝。淀は布団の中。女房がいつものように起こします。。
「ねえ、おまえさん。起きとくれ……」
「おい、何だよ。いい気持ちで寝ているときは、起こすな、っていっただろう。もうちょっと寝かせてくれよ」
「何を言ってるのさ。朝だよ。今日こそ新橋に行くんだろう?」
「新橋? 調べ物なんてバカバカしくてできるか。4200万円があるじゃねえか」
「バカなこといわないで。おまえさんが働かなくて、どうやって正月を迎えるのよ。昨日の游玄亭の勘定だってまだなんだよ」
「そんなもん馬券を払い戻せば4200万円あるんだからすぐに払えるだろう」
「馬券? そんなのどこにあるのさ」
「昨日、新橋でおれが拾った当たり馬券があるじゃねえか。おめえに渡したろう」
「新橋で馬券を拾ったって? おまえさん、なにいってんだい! 昨日はどこにも行きやしないよ。一日中寝ていたじゃないか」
「なんだと。新橋に行かなかった? そんなことあるか。おれを起こして無理やり新橋に行かせたじゃねえか。でも図書室が開いてなかった。で、ウインズに行ったら有馬記念の当たり馬券を拾ったんだ。おめえに渡したんだぞ。持ってねえっていうのか!?」
「そうかい、それであんな大騒ぎをしたんだね。そんな夢を見たもんだから……。情けないね! いくら当たらないからって、当たり馬券を拾った夢を見るなんて!」
「夢?」
「そうさ。夢に決まってるじゃないか。昨日は何回も起こしたけど、おまえさんは起きなかった。お昼ごろようやく起きたと思ったら、金なら心配するな游玄亭だ!って。昨日はそんなありさまで、あんたには新橋に行く暇なかったよ」
「本当に夢かい?」
「うそだっていうのかい?」
「いや、おめえの言うとおりかもしれねえ。でも・・・本当に夢かい? 年末も近いのに、変な夢見ちゃったなあ……。するってえと何かい? 馬券を拾ったのは夢で、飲んだり食ったりしたのはホンモノかい? 情けねえな。あんな夢見るなんて。もう博打はやめる。これからは原稿に精をだす。当たり馬券は拾うもんじゃねえ。博打は借りて打つもんじゃねえ。自分の金で自分で張って当てるもんだ。やっと目が覚めたぜ」

 それからというもの、淀は朝早くから夜遅くまで原稿を書き続けました。もともと腕はいい。「あまりにも締め切りに遅れすぎる」と呆れていた取引先もどんどん戻ってくる。あちこちにあった借金もすべて返済。そうして3カ月が経ちました。

 そろそろ総理大臣杯がはじまろうかという3月のある日。
「ねえ、おまえさんに聞いてもらいたいことがあるの。そいでね、私の話が済むまで怒らないって約束してくれるかい」
「なんのことだかわからねえが約束するよ」「本当だね? じゃあ、この馬券を見てもらいたいの」
「第57回有馬記念、17万円。太く買ったねぇ。おまえの馬券かい?」
「違うよ。おまえさん、心当たりはないかい?」
「そういえば3カ月前、ひでえ夢みたな。夢ん中で4200万円の当たり馬券を拾ったな」
「あれは夢じゃなかったんだよ。おまえさん、本当に拾ったんだよ」
「何だと! 本当か!こんちきしょう!」
 淀は女房に手をあげようとします。
「ぶつのかい? おまえさん、私の話が済むまで怒らないって約束しなかったかい」
「した。たしかに」
「あの時は、あんたのことを本当に心配したのよ。原稿書かないで、競輪だオートだマカオだって言ってただろう。おまえさんが寝ている間に、あんたのお母さんと相談したんだよ。すると、お母さんは、『この金を使えば、遅かれ早かれ手が後ろへ回る。警察に届けろ』っていうんだ。おまえさんは人がいいから、あたしの言うことを信じて、博打をやめて一生懸命商売をする決心をしてくれた。生活も回りだした。でも、おまえさんが仕事に精を出しているのを見るたびに、あたしはいつも申し訳ないと思っていた。この馬券は落とし主がいないってことで、1週間前に警察から戻ってきたんだ。腹がたつだろうね。自分の女房にだまされて……。さあ、気が済むまで、あたしを殴るなり蹴るなり好きにしておくれ」
「殴る、蹴る? とんでもねえ。偉え。おめえは偉え! この金で打ちにいってりゃ、十中八九は取られていただろう。たとえ勝っても、そのうち負けたのは間違いねえ。取引先にも愛想を尽かされてた。おふくろのいうように、手が後ろに回ってたかもしれねえ……。こうして借金もなく春を迎えられるのは、みんなおめえのおかげだぜ。あらためて心から礼をいう。ありがとよ!」
「本当に勘弁してくれるのかい。」
「勘弁するもしねえも、おめえに礼をいってるじゃねえか。」
「あたしゃ、本当にうれしいよ。今日は、お前さんに思う存分打ってもらうと思って、モナコ行きの航空券を用意しているんだ。3カ月一生懸命働いたんだ。思う存分楽しんでおくれよ」
 淀と女房。タクシーに乗って成田に向かいます。
「いや、ホントによかった。打てるのが嬉しいんじゃねえぞ。二人でバカンスに行けるのがいいんだ。モナコでも、オレは打つつもりはねえ。スーツもネクタイも持ってきてねえんだから」
「え? 思う存分打っていいんだよ」
「いや、絶対に打たない」
「いったい、どうしたんだい?」
「また夢になるといけねえから」

 二人を乗せたタクシーは、成田を目指して首都高から京葉道へ。
「運ちゃん、成田に行く前に船橋で降りて中山競馬場に寄ってくれ」
「中山? ああ、馬券を払い戻すんだね」
「札束を詰めるためにカラのジェラルミンケースも用意したからな」
 淀と女房、二人並んで中山の平日窓口を訪れます。二人で一緒に馬券を握りしめ、目を見つめ合って、払い戻し機に馬券を入れると……。

(この投票券はお取り扱いできません)

「そうか。100万円以上だから、有人窓口扱いになるんだな。100万円戻すのはじめてだから、わからなかったぜ」
 淀はインターホンを押して係員を呼びます。
「お客さん、この馬券、60日以上経ってますよ」

(幕)

(参考サイト)http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/Japanese/sibahamaj.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中村亮太の処分について思う

 1年以上もほったらかしにしていた当ブログ。「さすがにこの処分はさすがにヒドいだろう」と感じ、いてもたってもいられずにログインした。
 ボートレーサー・中村亮太に対する2年間の出場停止処分である。

 中村は2月3日の大村ボートレース場内で行われた「第40回笹川賞競走」のファン投票イベントにお手伝いとして参加。イベント中に、専用マークシートの自分(中村)の欄にマークしてから、お客さんに配布するという行為があり、一部ファンからは同レース場へ苦情が寄せられたほか、インターネットにも批判文書が載った。
 事態を重く見た日本モーターボート競走会は、2月25日の褒賞懲戒審議会において、業界の品位を汚し、競走の信用を失墜させたとして、2月26日から12カ月の出場停止処分を下した。また、これとは別に日本モーターボート選手会も、中村に対し12カ月間の自粛欠場勧告を行った。2月14日からF休み中だった中村は、2年間の出場停止処分と未消化のF休みが78日あり、復帰は早くても15年5月15日以降となる。
(デイリースポーツオンラインより引用)

 「A1レーサー2年出場停止」の見出しに、八百長がらみか!?と鼓動が早くなったが、記事を読んで気が抜けた。こんなの八百長でも不正でも何でもないだろう。
 で、気が抜けた後、怒りが込みあげてきた。なぜ、この程度の事件で2年間も出場停止にしなくてはいけないのか。

 中村から投票用紙を手渡された大村のファンは、本人の欄にマークがあるのを見て、「不正に票数を取ろうとしている」と真剣に怒ったのだろうか?
 もちろん感覚は人それぞれ。なかには腹を立てた人がいて、そして実際に批判が寄せられた。ただ、地元選手が「笹川賞ファン投票イベント」に駆り出されて、手伝いをしているのだ。それくらいは、お茶目なジョークだろう。中村に投票したくないのであれば、もらった用紙を破棄して、新しい用紙に記入すればいいのだから。

 競争会は「業界の品位を汚し、競走の信用を失墜させた」と断罪している。
 しかし中村は不正に組織票をまとめて笹川賞に出場しようとしたわけではない。ファンサービスの度がほんの少し過ぎただけだ。
 中村が謝罪すれば済む問題であり、それでも収まらないのなら笹川賞を辞退すれば済む話だろう。これは笹川賞ファン投票に対する不正であり、他の競走は関係ないのだから。
 2年間出場停止は、いくら何でも重すぎる。万が一、ほかにも疑惑があっての処分だというのなら、そちらをあきらかにすべきだ。

 笹川賞の2月6日時点での中村のファン投票数は907票で58位(ここに2月3日の大村での票が加算されているかどうかは不明だが)。よしんば、「中村には投票したくなかったが、本人にマークされた用紙を手渡されたので、しぶしぶ投票した」という人がいたとしても、いったい何票が加算されたというのか?
 中村の年収は約3500万円。2年間無収入になるので、1票あたりのコストは7万7177円。たぶん、昔の千葉●区や、徳●島選挙区よりも、1票の金額は高いよ。

  李下に冠を正さずという言葉がある。ギャンブルの胴元は、世間から見て厳しすぎるくらいでちょうどいいのかもしれない。しかし、中村の行為をこのような大問題にしてしまうと、今後は選手とファンがつながるイベントが打てなくなっていく。

  言葉を奪われたレーサーと、言葉を伝えられないファン。言葉を失った競技の行き先が心配である。

  一ボートレースファンとして、中村の処分の減免を願う。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ