« セレクトセール初日 | トップページ | 嫌悪感 »

顧客層がすごく薄い気がするけれど…。

ネットを見ていたら、こんなサイトにたどり着いた。

http://www.acts-japan.co.jp/

仕事がら、競馬の必勝法、パチンコの必勝法、株やFXの必勝法など、いろんな情報商材を見てきた。でも、まさか、選挙に当選するための商材が存在するとは……。

直感的に、「選挙に出る人で、こんな商材にすがる人がいるのか?」と思う。ギャンブルをやる人間に比べると、相当パイが小さいだろうに。

しかし、冷静に考えると、日本には市町村議会、都道府県議会、衆参両議員と、たくさんの選挙があることに気づく。市町村の数が全国で1775。ひとつの自治体の選挙に平均30人が立候補したら、候補者は全部で5万3250人。これに首長選挙や、都道府県議会、国会選挙を加えたら、なんだかんだで選挙に出る人間は日本中で6万人くらいはいる計算になるのではないだろうか。

さらに選挙があるたびに、新人候補が立候補する。そして日本が民主主義のあいだは、選挙がなくなることはない。この商材、じつは目のつけどころがいいんじゃないだろうか。

主宰している水野皓市氏は、政教分離の件で池田大作氏や、共産党スパイ事件で故・宮本顕二氏を証人喚問した「春日節」でおなじみの故・春日一幸氏の選挙参謀だったという。春日氏は社会党・民社党にいながら、田中角栄と太いパイプを持っていた人物。故・春日一幸の選挙参謀が、選挙の情報商材をネットで販売するというのは、何だかいかにもという気がしてニヤリとしてしまう。

よし。この商材を購入して、8月末の衆院選に私も出るか。週末に30万馬券でも当たったら……。

|

« セレクトセール初日 | トップページ | 嫌悪感 »

「姫園の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61794/30816498

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客層がすごく薄い気がするけれど…。:

« セレクトセール初日 | トップページ | 嫌悪感 »