« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

例のバーにて

Dscf0570 店の女の子が撮ったんだけど、ワリとよく撮れていると思いません?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

天皇賞ハズれた腹いせに

髪の毛を真っピンクにしてみました。
あんまり似合ってません。ダメージ2倍です(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田記者会見

 仕事の手を休めて記者会見をテレビで見る。
 内容は亀田興毅の好感度が上がるもの。けっしてアタマのいい受け答えではない。でも武骨な言葉や表情の中からは、心が伝わってくる。スター性が宿っている
 結局いままでが、商売に走るあまりデコラティブになりすぎていたのだろう。この記者会見は、亀田興毅を本当のスターに押し上げるキッカケになるかもしれない。

 閑話休題。
「お父さんのどういうところが好きですか?」 という質問をした記者、誰だか知らないけどすごいよ。父親について興毅が語り、いまにも泣き出しそうな表情になっている絶妙な間のときに、涙のトリガーを的確に引きにいくんだから。もし私が記者会見場にいても、あそこであの質問は絶対に出せなかった。いや~、勉強になりました。
 もっとも、興毅はその質問に対して、
「べつに……」
 という常軌を逸した答えを返して、涙は不発に終わるのだが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨日書き忘れたんだけど

 初音ミクを聞いていてつくづく思うのは、芳賀ゆいの先見性。
 アイドルは虚構性の上にしか成り立たたず、生身の人間では虚構性に限界がある。ならば存在しないアイドルを作っちゃえ、ということで誕生したわけだから。
 伊集院光はあのとき、15年先を走っていたわけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みっくみくにしーてやんよー

 いかん。少し遅れて初音ミクの唄声にハマってしまった。もう、欲しくて欲しくてしょうがない。「でも、物書きのアンタが手に入れても、使い道がないでしょ」だって? いやいや、そんなことはない。『初音ミクの競馬予想』『初音ミクの競艇予想』ができるじゃないか。

 現代の無敵のコンテンツ調味料。それは〝萌え〟と〝ロリ〟。既存のコンテンツに萌えエキスやロリエキスを添加するだけでアラ不思議、キラーコンテンツに早がわり。

 ところが、公営ギャンブルと萌え&ロリは食い合わせが悪い。戸田競艇場がイベントゲストに「完全メイド宣言」を呼んだり、三国競艇場や蒲郡競艇場にメイドが登場したり、いろいろ試みているのだがあまりにも水と油。JRAのCFにしてもそう。いくら男性のハートをグワシッとつかむ女の子がいても、その娘が未成年であればアウトだ。

 さらに公営ギャンブルファンは自意識が高い。「ギャンブルを何も知らないのに、置き物として連れてこられた女性タレント」の存在を極端に嫌う。その女性タレントの立場がビミューであれば、なおさらだ(Aさんはギャンブルの営業がNGだし、Aさんよりも立場の落ちるBさんは忙しくてバミれない。じゃあ、完全に旬は過ぎているけど、とりあえずCさんで行っとこうか。みたいな)。こういった理由もあって、萌えやロリは公営ギャンブルと融合しないのであろう。

 ところが、初音ミクにその融合の可能性をみる。電脳ボーカロイドだから年齢は問題ないだろうし、歌詞を書くのはギャンブルに精通した人間だから、「置き物」にもならない。何より、スーツを着たオッサンや、とうの立った女性がしゃべるよりも、聞いていて心地いいじゃん。ミクちゃんの声は。けっこう上手くいくんじゃないかと思うんだけど。
 各主催者ならびにコンテンツメーカー様、ご検討の際は姫園にご一報を。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サイン馬券

 ウインズで菊花賞の馬券を仕込んだあと、編集者の出川クンと新宿の喫茶店でゲラチェックと称した雑談会。出川クンはモーヲタなので、会うとひととおりハロプロ話になる。

姫:「すごいよなぁ、後藤容疑者」
出:「ほんと、次から次へと……」
姫:「タバコ、中出し、窃盗だからねぇ」
出:「銅線ですからねぇ~。あすこは事務所の管理が甘いんですよ」
姫:「バラエティに出演するアイドルで〝バラドル〟、アイドル風俗嬢で〝フードル〟ってのはいたけど、〝盗んドル〟はマズいだろう」

 こんなヌルイ話をしていたのだが、はたと思い出したように出川クンがつぶやいた。
「前に後藤真希が競馬場のパドックに来ていたときがあって、そのときは5枠10番(ゴトー)の馬が来たんですよね……」
 勝ったのはご存知のように……。こういうのって、たまにハマるんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビギナーズボートキャンプ!

Title  ビリーズブートキャンプの海賊版があちこちで出回っているそうですが、これは海賊版ではありません。『ビギナーズ ボートキャンプ』ですから。

 さて、このビギナーズボートキャンプ。初心者でも競艇予想のコツがつかめるホームページです。私の役どころは、ビリー隊長のかわり。初心者のみんなを励ましながら予想コラムを書いているんですが、いかんせん姫園隊長、まったく当たっておりません(涙)。

 信じるもよし、逆神として使うもよし。すべて無料なので気軽に参加してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張仕事場

 BOATBoyの企画のため平和島で1日舟券勝負。朝の1レースからマンシュウが的中して、プラスになったのも嬉しかったが(※詳細は来月のBOATBoyにて)、何より良かったのは土曜日の取材のテープ起こしが進んだこと。
 特観席に陣取って、レースとレースの合間にテープ起こし。コレって仕事がはかどるだけでなく、勝負レースしか手をださないので勝率も上がるのよね。ギャンブル系ライターのみなさん、ぜひオススメですよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サラブレ11月号発売中!

 ひさしぶりに、本当にひさしぶりに、ほんのちょっとだけ原稿を書いております。
 今月号の売りは、ウマニティ編集長・岡田大の「藤田伸二インタビューDVD」ですな。アニキファンはぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬最強の法則11月号発売中!

 今月も「トレセン最前線」の取材&原稿と、「清水成駿インタビュー」の構成を担当しております。
 「トレセン最前線」で取り上げたハネダテンシ、さっそく土曜日のレースで1000万条件を勝ち上がりましたね。馬券もバッチリ取らせていただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベロベロ

 府中で飲みながらインタビュー取材をやって、その後に編集Kクンと飲み屋を2軒ほどハシゴ。さらに渋谷に移動して、半笑いさんの出版記念飲み会に闖入。大暴れ。
 出版記念飲み会が二次会に入るころにはすでに意識なし。気づくと、なぜか麻雀やってた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出ました! 半笑い!

 ひさしぶりに、白夜書房で打ち合わせ。
 その際、出来たてホヤホヤの、半笑い 氏の処女作、『半笑いの馬券術』を読ませてもらう(書店に寄ったら、まだ並んでなかった)。
 いや~、盛りだくさんです。「中盤ラップの概念」だけではなく、ラップの始祖といわれる大阪スポーツの上田氏との対談。ほかにも、半笑い氏のブログ予想に注釈を入れて再掲載したものもあり、巻末には付録までついている。ラップに興味がある人は、必読すべきでしょう。ほんど、いい出来ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内藤・亀田戦

 原稿を書く手を止めて、テレビで観戦。

 序盤。直線的に動く亀田と、円で動く内藤。噛み合わない歯車が、勝負の緊迫感を演出する。ボクシングはただの殴り合いではなく、「自分と相手との距離」を制する競技だ。このふたつの歯車が噛み合ったとき、勝負は動くはず。だった。
 ところが、中盤。亀田の直線的な動きは鈍るし、内藤の円は楕円になって曲線になり、もつれ合う。そして、あっちでバタバタ、こっちでバタバタと2人がもつれて倒れ出す。
「レスリングやないんやから」
 ひとりつぶやいていたら、12ラウンドで亀田の投げが飛び出して、本当にレスリングになってしまった。閉口。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

BOATBoy11月号発売中です!

Buy_boatboy_l  BOATBoy11月号、本日発売です!
 姫園の連載「競艇場ものがたり」、今回は芦屋。競艇場がある市町村で、もっとも人口が少ない芦屋町になぜ競艇場があるのか? それは本誌で確認してみてください。また、「KYOTEI24EYEs」や「ザ・ペラ人脈」などもいつもどおり担当しております。

 その他の記事では銀河系軍団85期特集や、畠山直毅の新連載「モンキーの惑星」などにも要注目! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から平和島!

nifty競艇の取材で平和島に行ってまいります。なかなか興味深いメンバーが残りましたね。
姫園の担当は、本日の準優勝戦と明日の優勝戦リポートの予定です。

また、ウマニティにて競馬予想コラムをアップしております。先週のスプリンターズSは本線的中。今回もけっこう自信あります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »