« 泥酔 | トップページ | 独占禁止法 »

黄金週間らしい1日

 高幡不動のマンガ喫茶で一夜をあかし、午前10時ごろ自宅に帰宅。取り急ぎ書かなければいけない原稿は一本もないので、どこかに「日帰り旅打ち」に出ようと思い立つ。

 まず頭に浮かんだのは、帯広(ばんえい)競馬場。でも、さすがに往復7万の交通費は痛いし、競馬場に到着するのが14時過ぎになってしまうので、打てるレース数が限られてきてしまう。却下だ。同様の理由で、高知競馬場へ飛ぶ案もオミット。

 旅費と時間の兼ね合いから、最終候補に残ったのは三案。「東北新幹線で水沢競馬場」のプランと、「常滑→蒲郡」の東海競艇場2場打ちプラン、それに「名古屋競馬場→ボートピア名古屋」の〝名古屋市港区でまとめてみました〟プランの3つだ。
 正直、どの案も捨てがたい。あまり行く機会のない水沢に赴くのも面白そうだし、東海二場打ちもギャンブルまみれで嬉しいし、港区プランの後に大黒社・一岡師匠とメシを食うのもアリだなぁ……。といった感じで悩みに悩み、気づくと時間は13時。ハイ、もうどこへも行けましぇん。

 結局は自転車に乗って平和島競艇場へ向かい、舟券を購入。その後、大井競馬場に移動して、ふるさとコーナーで、名古屋・水沢・帯広の馬券を買う。何のことはない、悩みに悩んだ全3プランを、半径1キロのなかで完結させることができたとさ。
 ふるさとは遠くにありて思うもの? まぁ、便利な世の中になったもんである。

|

« 泥酔 | トップページ | 独占禁止法 »

「姫園の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61794/6260843

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金週間らしい1日:

« 泥酔 | トップページ | 独占禁止法 »