« 競馬フォーラム発売中! | トップページ | 大幅リニューアル! »

8月初旬のこと

Bb10BOATBoy の編集会議。黒須田編集長が口を開いた。

「来月号には〝旅打ち〟企画を掲載したい」

 優駿のコラムにも書いたように、私は旅打ちが大好きだ。むしろ〝打ち〟がない旅を行ったことがないといっても過言でないくらいに。その趣味の旅打ちで原稿が書けるとは、まったくもっと幸せな限り。
 人生が旅打ちの男・畠山直毅さんは四国へ行き、田中工業番頭の松っちゃんは中国、ガースーさんが九州、黒須田さんが中部、本職の博打打ち・加藤栄さんが関東と、枠が埋まっていたので、私は近畿に立候補することにした。

「じゃあ、近畿のお盆開催旅打ちヨロシクね。軍資金は10万円は全部自腹ですから」

 編集長のOKが出た。
 ありがとうございます。読者への親近感をもたせるために、経費でもらった10万円を〝自腹で10万円勝負した〟という体裁で原稿を書けばいいんですね。

「いや、本当に自腹だから」

この企画で私が担当するのは2ページ。当然、10万円ものギャラが入ってくるわけがない。つまり『勝たなければ、赤字必須』。

絶対に負けられない戦いがココにもあった。熱闘の2日間の詳細は、本日発売のBOATBoyで。

姫園の連載『競艇場ものがたり』、今回取り上げたのは尼崎競艇場。尼にはプロジェクトXばりの誕生秘話があった。

|

« 競馬フォーラム発売中! | トップページ | 大幅リニューアル! »

「競艇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/61794/3399904

この記事へのトラックバック一覧です: 8月初旬のこと:

« 競馬フォーラム発売中! | トップページ | 大幅リニューアル! »